老後2000万円問題を考える(3)~毎月5万円足りない!?

┗マネープラン

2019年6月3日の金融審議会市場ワーキンググループの報告書から老後200万円問題を読み解く連載3回目です。

高齢夫婦無職世帯の家計収支

高齢夫婦無職世帯の家計収入データをご覧ください。2017年のデータになります。
上:入ってくるお金が20万9198円、
下:出て行くお金が23万5477円。
差額が5万4519円となっています。

30年で約2000万円!?

先ほどの「60歳の人の4人に1人は95歳まで生きる」を参考にすると、30年分の生活費が必要かも知れません。

5万円を30年…1年60万円×30年=1800万円

この差額を埋めるためには「1800万円を65歳の時点で保有していないと95歳まで生きたら厳しいかも知れません」いうのが老後2000万円問題の概要でした。

レポートには、20年で約1300万円、30年で約2000万円と書かれてあります。

それでも足りない2000万円

実際、この収入20万円…。厚生年金の夫と国民年金の妻だと年金額が22万円ぐらいですので、その平均に近いと思うのですが、自営業の夫の場合、会社員の夫よりもらえる額が減りますので、差は5万円どころではなくなります。

また、この差額の5万円は生活費だけの話なので、特別な支出(例えば老人ホームなどの介護費用や住宅リフォーム費用など)を含んでいないことに注意が必要です。

「私は老後に〇〇したい!」と思うのであれば、そのお金も別に必要になります。老後2000万円問題は、2000万円では足りないかも知れないのです。

早期のマネープラン検討の必要性

早い時期から生涯の老後のライフ・マネープランを検討し、老後の資産取崩しなどの具体的なシミュレーションを行っていくことが重要であるといえるでしょう。

お金と上手に付き合い、楽しいセカンドライフをおくるためにも、ライフプランを見直し、長期のマネープランを考える必要があります。
「みんなの終活窓口」の終活メニューには、ライフプランや保険の見直しもあります。お気軽にお問い合わせください。
The following two tabs change content below.

minsyu34

京都にある終活情報発信基地「みんなの終活窓口」の終活コーディネーター。 保有資格:家族信託コーディネーター、2級ファイナンシャルプランニング技能士、年金アドバイザー、相続アドバイザー、終活アドバイザー、日商簿記3級など。終活に取り組むことで、これからの生き方を明確にし、今をもっと楽しんで欲しいと願っています。 未来を見つめた人生設計の足がかりとなる​終活を一緒に始めてみましょう!