花の色はうつりにけりないたづらに

■終活コラム

花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに
小野小町

絶世の美女と言われた小野小町の歌です。毎年桜の季節になると思い出します。

「世」「ふる」「ながめ」など、一つの言葉に二重の意味をかけた歌と言われており、いろんな解釈もできそうですが、素直に桜と自分を重ねた歌と言えるのかも知れません。

いつの間にかむなしく色あせてしまった桜に女性の若さ・美しさを重ねたと思うと、千年の時を超えて共感してしまいます。

歳をとっていくことを嘆いた歌にも聞こえますが、その裏にある強い意志を感じてしまうのは勝手な解釈でしょうか。

いつの時代も人は老いを嘆き、受け止め、受け入れてきたのかも知れません。

うまく言えませんが、終活も同じことなのかなと感じています。

「みんなの終活窓口」では、終活コーディネーターによる「エンディングノートの書き方講座」を随時開催しております。お気軽に終活コーディネーターにお声がけください。
The following two tabs change content below.

minsyu34

京都にある終活情報発信基地「みんなの終活窓口」の終活コーディネーター。 保有資格:家族信託コーディネーター、2級ファイナンシャルプランニング技能士、年金アドバイザー、相続アドバイザー、終活アドバイザー、日商簿記3級など。終活に取り組むことで、これからの生き方を明確にし、今をもっと楽しんで欲しいと願っています。 未来を見つめた人生設計の足がかりとなる​終活を一緒に始めてみましょう!