最上のわざ|終活コーディネーターが選ぶ「終活映画」

┗終活本・映画の紹介

週末に、『ツナグ』という映画を見ました。

主人公は渋谷歩美(松坂桃李さん)。その祖母アイ子を樹木希林さんが演じていました。

映画の中で、祖母アイ子が何度か口にする「最上のわざ」。

ネタバレになってしまうので詳しくは書きませんが、上智大学学長も務められたヘルマン・ホイヴェルス神父 (Hermann Heuvers)の随想選書『人生の秋に』からの引用ということを後で知りました。

樹木希林さんが朗読されたので本当に重みがありました。できれば映画の朗読を聞いて欲しいくらい。行間に込められているのは悟りでしょうか。深いなと思ったので、書き記しておきます。

最上のわざ

この世の最上のわざは何?

楽しい心で年をとり、働きたいけれども休み、しゃべりたいけれども黙り、失望しそうなときに希望し、従順に、平静に、おのれの十字架をになう。

若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても、ねたまず、人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、弱って、もはや人のために役だたずとも、親切で柔和であること。

老いの重荷は神の賜物。古びた心に、これで最後のみがきをかける。まことのふるさとへ行くために。

The following two tabs change content below.

minsyu34

京都にある終活情報発信基地「みんなの終活窓口」の終活コーディネーター。 保有資格:家族信託コーディネーター、2級ファイナンシャルプランニング技能士、年金アドバイザー、相続アドバイザー、終活アドバイザー、日商簿記3級など。終活に取り組むことで、これからの生き方を明確にし、今をもっと楽しんで欲しいと願っています。 未来を見つめた人生設計の足がかりとなる​終活を一緒に始めてみましょう!