鰻を食べて夏バテ対策~土用丑の日とは~

┗美味しく生きるには?

最近は30℃近くなる日も増えてきて、特に今年はマスク着用の影響で熱中症が多いようです。
そこで今回は夏バテ対策として、夏のスタミナ食として親しまれている鰻についてご紹介します。

そもそも土用の丑の日とは

まず、「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を表す言葉です。
そして、昔の暦では日にちを十二支(子・丑・寅・卯…)で数えていました。
つまり”土用の丑の日”とは、土用の期間におとずれる丑の日を指しているのです。
さらに、土用の丑の日といえば夏のイメージが強いかもしれませんが、立夏・立秋・立冬・立春それぞれに土用があるので、年に何回かやってきます。
いずれにしても、土用の丑の日は「季節の変わり目」といえます。

なぜ鰻なのか

7世紀から8世紀に編纂された「万葉集」に、夏痩せにはむなぎ(鰻)を食べると良い、と石麻呂という人に勧めている歌があります。
昔から体調を崩しやすい夏には鰻を食べて栄養をたっぷり摂ろうという考えがあったのですね。
現代でも土用の丑の日に鰻を食べるのは、土用の丑の日が季節の変わり目にあたることから体調を崩しやすいので、合理的と言えます。

 土用の丑の日の始まり

鰻を食べる習慣が一般にも広まったのは、江戸時代でした。
一説によれば「夏に売り上げが落ちる」と鰻屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、店先に
「本日丑の日」
土用の丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし
という看板を立てたら大繁盛したことで、ほかの鰻屋も真似をするようになったのだとか。
土用の丑の日はこんなに昔から続いている風習なのですね。
次回は、現代でも夏のスタミナ食として親しまれる鰻の栄養についてご紹介いたします!
ぜひご覧ください!

The following two tabs change content below.

nutrient

京都にある終活情報発信基地「みんなの終活窓口」の終活コーディネーター。 「食べ物が身体を作る!」と栄養のことも勉強中。栄養と終活の融合を目指してます。 終活と聞くと死ぬ準備とネガティブにとらえられがちですが、「これからの自分の毎日を充実したものにするための前向きな活動」という認識が当たり前になってほしいと思っています。 ぜひ一緒に終活に取り組んで、明日からの日々を充実したものにしましょう!