『最高の人生の見つけ方』|終活コーディネーターが選ぶ「終活映画」

┗終活本・映画の紹介

お盆は終活に関する映画でも見ようかな?と『最高の人生の見つけ方』観てみました。

入院先の病室で知りあった、大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)。共に余命6ヶ月。そんな二人が「やりたいことリスト(棺おけリスト・The Bucket List)」を手に、世界中を旅し、さまざまなことに挑戦する話。

すがすがしい終わり方でした。シリアスというよりコメディな感じ。重いテーマを扱っているけど、笑いながら観れました。そしてまた考えました。死ぬまでにやっておきたいことを書き出した「棺おけ・リスト」には何を書こうかなーと。色んなところに旅したくなりました。

やりたいなと漠然と思っているけど、実行に移していないようなことを見つめ直すきっかけになる映画です。

こちら、リメイクした邦画があるんですね。あ、吉永小百合さんやももいろクローバーZが出てくるやつですね。邦画では女性二人旅のようですが、こちらも観てみたいと思いました。


ワーナー ブラザース 公式チャンネルより

The following two tabs change content below.

minsyu34

京都にある終活情報発信基地「みんなの終活窓口」の終活コーディネーター。 保有資格:家族信託コーディネーター、2級ファイナンシャルプランニング技能士、年金アドバイザー、相続アドバイザー、終活アドバイザー、日商簿記3級など。終活に取り組むことで、これからの生き方を明確にし、今をもっと楽しんで欲しいと願っています。 未来を見つめた人生設計の足がかりとなる​終活を一緒に始めてみましょう!