Good&New

■ご来店の方へ

あなたは「Good&New」をご存知でしょうか?

これは、アメリカの教育学者ピーター・クラインさんによって開発されたもので、主に、

・アイスブレイク手法として
・組織、チームの活性化手法として

用いられるものです。

会社の朝礼や、朝会などの定期的な集まりのときに「最近の良かったことまたは新しいこと」を発表しあうのです。

この方法は私たちの「脳」の特質を活用しています。

その特質とは、

(1) 脳は空白を埋めようとする。
(2) 脳は繰り返して行われることを重要と判断する。

というもの。

「最近の良かった事または新しいことを発表する。」という課題が与えられると、それに対して答えられない脳には「空白」が生まれます。
そして、定期的に「Good&New」を実施することで、「繰り返し」行われるので脳は重要だと判断します。

すると、無意識に「良いこと」「新しいこと」を探している状態が作られ、習慣化されるのです。
つまり同じ事実に対して「良い見方」(=「良い意味づけ」)をするようになるという仕組みです。

たとえば、「今日は雨だった。」という事実に対して、以前なら「気分が落ち込むな・・・」と思っていたのが「読書ができた。」となるのです。

「Good&New」は1人でもできます。
毎日の終わりに「今日1日の良かったことまたは新しいこと」を書き記したり思い出すことを習慣づけるのです。
ちなみに私は、スマホのアプリにメモしています。

同じ出来事も、見方次第で大きく変わるもの。
皆さんもぜひ一度試してみてください(^^♪

The following two tabs change content below.

minsyu34_daily

みんなの終活窓口のサービス、会員様向け情報の発信、終活についての想いや店舗の日常、その他つれづれをお届けします。

最新記事 by minsyu34_daily (全て見る)