京都新聞夕刊一面に掲載頂きました!

プレスリリース

8月29日(土)京都新聞夕刊一面に掲載頂きました!また、ネットニュースとして「Yahoo!」「LINEニュース」など各種媒体にも紹介されました。

コロナ下、弔いの「ニューノーマル」 リモート葬儀、香典電子決済、VR墓参…

新型コロナウイルスに揺れた今夏、多くの人が帰省や墓参りを自粛し、古里で故人をしのぶお盆の風景は様変わりした。人々の行動や心理が変わっていく中、葬儀や供養も進化しようとしている。コロナ禍で生まれた新たな弔いのスタイルは、定着するだろうか。

8月の週末、京都市中京区の「みんなの終活窓口」で、墓じまいを考えるオンラインセミナーが開かれた。別室からリモート(遠隔)出演した講師の男性が、墓じまいや墓を移す「改葬」を解説し、高齢の参加者が聞き入った。

窓口は自身の最期に向けて準備する「終活」の総合相談所として、3月に烏丸通沿いにオープン。司法書士法人のF&Partners(エフアンドパートナーズ、中京区)が企画した1号店だったが、コロナ禍で集客が難しくなり、代替手段で「みんしゅうTV」と名付けたセミナーのネット配信を始めた。同法人の山西康孝代表は「コロナによって終活を始める人が増えた」と分析。従来から簡素化が進む葬儀や法事も、「一足飛びで変化が起きる可能性がある」とみる。

「新たな弔い様式 定着なるか」(「2020年8月29日 京都新聞」)
著作権は京都新聞に帰属します。

【イベント】8/8 墓じまい・お墓の引っ越し・永代供養
【お盆の前に知っておきたい 2週連続お盆オンラインセミナー】 墓じまい・お墓の引っ越し・永代供養 【セミナー内容】 8月8日(土) 第1部 (10:00~11:00) 講師:リーガルフォーワン株式会社  代表取締役...

0120-256-680

The following two tabs change content below.

minsyu34

京都にある終活情報発信基地「みんなの終活窓口」の終活コーディネーター。 保有資格:家族信託コーディネーター、2級ファイナンシャルプランニング技能士、年金アドバイザー、相続アドバイザー、終活アドバイザー、日商簿記3級など。終活に取り組むことで、これからの生き方を明確にし、今をもっと楽しんで欲しいと願っています。 未来を見つめた人生設計の足がかりとなる​終活を一緒に始めてみましょう!