歯周病→認知症の仕組みを解明

┗家族信託

先日、歯周病がアルツハイマー病発症に大きく影響しているというニュースを目にしました。

歯周病菌が体内に侵入し、認知症の原因物質が脳に蓄積して記憶障害が起きる仕組みを九州大などの研究チームが解明した。歯周病と認知症の関連は近年注目を集めており、認知症対策につながる発見という。
―「認知症の原因物質 歯周病によって蓄積する仕組みを解明」朝日新聞社から引用

記事によると、認知症の7割を占めるアルツハイマー病は、「アミロイドベータ(Aβ)」などの異常なたんぱく質が長年、少しずつ脳に蓄積し、発症や症状の進行につながるとされているそうですが、そのたんぱく質の蓄積に歯周病が大きく関係するようなのです。

実際、マウスを使った実験では、歯周病菌に感染したマウスの脳血管の表面では、Aβを脳内に運ぶ「受容体」と呼ばれるたんぱく質の数が約2倍に、脳細胞へのAβの蓄積量も10倍に増え、歯周病菌が、異常なたんぱく質が脳に蓄積することを加速させてしまうことが明らかになっているそうです

と言うことは、歯周病の治療や予防で、今後認知症の発症や進行を遅らせることができるようになるかも知れません!可能性に期待したいと思います。

認知症にならないための対策で出来ることがあればやっていきたいですが、同時に認知症になってしまった時の対策についても行っていくようにしたいものです。法律的な面では「家族信託」という方法もあります

「家族信託」とは、元気なうちに、自分の財産を「誰に」「どのように管理してもらうか」を予め決めて契約をしておく新しい財産管理方法で、ご家族の状況によって柔軟に設計することができます。

みんなの終活窓口では、今話題の家族信託について具体的な事例を交えてわかりやすくご案内致します。

「家族信託って何?」
「家族信託ってうちには必要なのかな?」というギモンをお持ちの方、ぜひお気軽にご相談ください。

0120-256-680

家族信託物語~Episode1「母とわたし編」
2030年(Side-B~わたし) 母が認知症になった。 私のことも分からない日もあるみたい。 お母さん、私だよ。 正直、辛い。 でも仕方ない。 人は誰でも老いる。 元気なうちにたくさん話していたから良かった。...
家族信託物語~Episode2「親父とオレ編」
2030年(Side-B~オレ) 親父が認知症になった。 あんなにしっかりした親父だったのに オレのことも分からなくなってしまった。 でも、不安はない。 親父とは家族信託をしているから。 親父が突然「家族信託した...
The following two tabs change content below.

minsyu34

京都にある終活情報発信基地「みんなの終活窓口」の終活コーディネーター。 保有資格:家族信託コーディネーター、2級ファイナンシャルプランニング技能士、年金アドバイザー、相続アドバイザー、終活アドバイザー、日商簿記3級など。終活に取り組むことで、これからの生き方を明確にし、今をもっと楽しんで欲しいと願っています。 未来を見つめた人生設計の足がかりとなる​終活を一緒に始めてみましょう!