日本一カンタンな「投資」と「お金」の本|終活コーディネーターが選ぶ「終活本」

┗終活本・映画の紹介

日本一カンタンな「投資」と「お金」の本 ●中桐啓貴

人生100年時代のあなたの投資戦略は?

久々の終活本コラムの更新です。

投資についての本を貸してもらったので読んでみました。

終活本?ではないかもしれませんが、「老後をより楽しむ」ためにはやはりお金は必要です。

そして、人生100年時代と言われている今、私たちは自分の老後についてしっかり考えなくてはいけません。そのような意味で、はっとさせられたフレーズがあったので、ご紹介したいと思います。

65歳まで働いて、80歳で寿命を迎えるという時代から、80歳まで働いて100歳で寿命を迎えるという時代への転換を受け入れる必要があります。それには二つの選択肢があります。

①より長く働く

②資産をより効率的かつ長く運用する

長く働くには、折り返し地点である50歳前後でもう一度学び直し、新たなスキルを習得することで自分のマーケットバリューを上げる必要があります。

会社を辞めて大学院に入り直すことまでしなくても、オンラインで海外の大学の学位や修士号を取ることもできるようになっています。

そして、もう一つがより資産を効率的に運用するということです。より長く働けるということは、それだけ資産を増やすチャンスがあるということです。(日本一カンタンな「投資」と「お金」の本より)

どうでしょうか。

私たちは、お金と上手に付き合い、楽しいセカンドライフをおくるためにも、ライフプランを見直し、長期のマネープランを考える必要があります。自分の価値を高めることもマネープランの一つなのでしょうね。「より長く働く」ことと「資産をより効率的かつ長く運用する」こと。肝に銘じたいなと思いました。

より長く働くこと

「より長く働く」について考えていると、2019年6月3日の金融審議会市場ワーキンググループの報告書のデータを思い出しました。この報告書では、日本人の就労状況について(第4回コラム参照)も触れています。

レポートには、「65歳から69歳の労働力率」というデータがあり、そこには世界の状況も載っているのですが、日本では65歳過ぎても男性の54%が就労しており、この数字は世界でも格段に高い水準だそうです。そして、高齢者が働くこの状況は今後も続くのではないかと予想されています。

あなたは、何歳ごろまで収入を伴う仕事をしたいですか。

◇「老後2000万問題を考える」
2019年6月3日の金融審議会市場ワーキンググループが出した報告書について書いたコラムです。あわせてお読みください。

老後2000万円問題を考える(1)~まさに人生100年時代
今回は「老後2000万問題っていうのを考える」というテーマで、金融庁が出したレポートを見てみたいと思います。 発端はある報告書 2019年6月3日の金融審議会市場ワーキンググループの報告書なのですが、56ページに及ぶレポートとなっていま...
老後2000万円問題を考える(2)~5人に1人が認知症の時代に!?
2019年6月3日の金融審議会市場ワーキンググループの報告書から老後200万円問題を読み解く連載2回目です。 (2)単身世帯の増加 高齢化、少子化、未婚率の上昇、晩婚化など様々な要因により、単身世帯の増加も起こっています。単身世帯の増加...
老後2000万円問題を考える(3)~毎月5万円足りない!?
2019年6月3日の金融審議会市場ワーキンググループの報告書から老後200万円問題を読み解く連載3回目です。 高齢夫婦無職世帯の家計収支 高齢夫婦無職世帯の家計収入データをご覧ください。2017年のデータになります。 上:入ってくるお...
老後2000万円問題を考える(4)~高齢者の就労継続は今後も続く
2019年6月3日の金融審議会市場ワーキンググループの報告書から老後2000万円問題を読み解く連載4回目です。 日本人の就労状況 レポートの中で、一つ驚いたことがあります。日本人の就労状況についてです。 レポートには、「65歳から69...
老後2000万円問題を考える(5)~老後の不安第1位は「お金」
心豊かな老後を楽しむために大切な健康とお金 日本人は長生きするようになりました。現在の高齢者は昔に比べて格段に元気で、社会で活躍し続けています。これは素晴らしいことであり、社会全体にとっても望ましいことです。 しかし、寿命が延び活動...
The following two tabs change content below.

minsyu34

京都にある終活情報発信基地「みんなの終活窓口」の終活コーディネーター。 保有資格:家族信託コーディネーター、2級ファイナンシャルプランニング技能士、年金アドバイザー、相続アドバイザー、終活アドバイザー、日商簿記3級など。終活に取り組むことで、これからの生き方を明確にし、今をもっと楽しんで欲しいと願っています。 未来を見つめた人生設計の足がかりとなる​終活を一緒に始めてみましょう!